学んだこと 記事一覧

認知症という病気

介護施設では全員が毎日楽しく過ごせている訳ではありません。自分が何故ここに居るのか理解出来ず、家に帰ろうとする方。なかなか思い出せなかったり、次々に色々な事を忘れていく自分に困惑・葛藤している方。食事を食べた直後に食べた事を忘れてしまい、食事はまだかと怒っている方。うろうろと施設内を歩き回っている方...

続きを読む

介護予防運動指導員

介護に関する資格が多くある中、この介護予防運動指導員というのは異色の資格です。他の多くの資格を介護を行う際に必要となるものですが、この資格は要介護状態になるのは未然に防ぐ、あるいは残存能力を鍛えて自立を促すという目的を持っているからです。日本国内では高齢者の数がこれからもさらに増えていくと予想されて...

続きを読む

夜勤での出来事と回想法

日勤帯はスタッフの手が足りなくて時間に追われていますが、夜勤帯は利用者さんとお話しできる時間があるので、私にとっては、わりと好きなのです。そして、夜間は利用者さんの生活の時間配分もだいぶ決まっているので、何かなければわりとスムーズです。もちろん「夜勤は眠いので嫌い」と言ってる同僚のスタッフもいますけ...

続きを読む

元気高齢者のデイサービスとショートスティでの失敗

デイサービスと聞くと「認知症の高齢者が行っている」というイメージが世間にはあるようです。介護保険は要支援1、2、要介護1〜5までの7段階の認定が下りた方が利用できますが、要支援1の方だと膝や腰痛が原因の方が多く、認知症を発症しているケースは少ないので実際は元気なのです。そういう方もデイサービスのイメ...

続きを読む

体重が重い方のベットから車いすへの移乗

今の職場に男性で体重の重い方がいます。体型も少し大きめで私の両手がなんとか後ろに届く様な方です。脳梗塞の後遺症で、全身麻痺があり、利き腕がなんとか少し動かせる状態の方でもあります。認知症も少しあるのですが、日常の会話には支障はほとんどない方です。脇の下に手を入れて移乗をすると痛いと言われるので、ズボ...

続きを読む

虐待のある施設

ヘルパーとして働き始めて一ヶ月半ほどたった頃から、少し余裕が出てきたせいか職員のご利用者様に対する態度が気になり始めました。食事の時にはご自分でモリモリ召し上がる方は問題ないのですが、食が細く量が食べられない方義歯が合わず咀嚼(そしゃく)が上手くいかない方は時間が掛かり介助の職員も大変でした。だから...

続きを読む