介護予防運動指導員

介護に関する資格が多くある中、この介護予防運動指導員というのは異色の資格です。

 

他の多くの資格を介護を行う際に必要となるものですが、この資格は要介護状態になるのは未然に防ぐ、あるいは残存能力を鍛えて自立を促すという目的を持っているからです。

 

予防して自立を促す

 

日本国内では高齢者の数がこれからもさらに増えていくと予想されており、このまま要介護者が増えてしまうと、介護に従事する人が絶対的に不足してしまいます。

 

そこで、年齢を重ねても要介護状態となるのを遅らせ、介護が必要となる人を増やさないようにすることをこの資格は目的としています。

 

必要性

要介護状態になるのを未然に防ぐことは、その人がその人らしく生きていくためには、非常に重要なことです。
自分の力で移動が出来なくなった場合、トイレなどの日常動作でさえ他人の手を借りなければならなくなります。

 

そうなれば、介護を受けている人の生活の質は著しく低下してしまい、生きがいを見失ってしまいかねません。

 

そこで、介護予防という考え方が生まれました。身体が弱ってしまって自力で生活が出来なくなる恐れがある人に対して、身体能力を維持、増強するために介護予防運動を行うのです。

 

この資格は、そうした介護予防に役立つ運動を、身体の能力が衰え始めた人たちに指導するためのものです。

 

どうやってなるの?

介護予防といっても、やはり介護に関する基本的な知識が必要です。
ですから、この資格を取得するためには、初任者研修を取得した後2年以上の実務経験が必要とされています。

 

また、他の上位の資格であれば、実務経験は問われません。
それは医療やリハビリ、社会福祉制度について精通しているとされる資格であるためです。

 

しかし、やはり介護予防のためには、現場を知っている人が従事したほうが、より実践的で有意義な指導ができるのではないでしょうか。

 

新たに介護に現場に参入してきた人たちには、介護予防という観点からも、利用者様に対する支援を行ってほしいと願っています。