管理人について

私は社会人になってから途中で介護業界に入りました。
無資格ということもあって、最初は非常に苦労もしましたが、一番嫌だったのが介護福祉士の資格を既に持って入ってくる若い新入社員の存在です。

 

介護業界は経験よりも資格の有無がモノを言うような特徴があるので、私よりもかなり年齢が若くて資格を持っている子たちが年長に指図をするというようなことが頻繁に起こるのです。

 

私はそういったことに、ものすごく悔しさを感じたので、3年の実務経験の後、介護福祉士をすぐに受験して意地で合格しました。

 

自分も介護福祉士になってからは、嫉妬だとは思うのですが、そういう負の感情を抱いていた人たちに対しても、ようやくと何も思わなくなりました。

 

その後も努力を続けて、今ではケアマネジャーの資格も持っていますし、社会福祉士の取得に向けて動き始めています。

 

ここまでくれば、若い頃に流されて介護福祉士を取っただけの人たちには負けようがありません。

 

介護業界の未来に向けて・・・

介護業界は離職率が高くて、仕事はたくさんあるのに、成り手が少ないと言われている業界です。

 

それは仕事のハードさや、賃金の低さという理由も当然ありますが、一つの理由としては、途中で転職してきた人に対する風当たりの強さというか、待遇の悪さです。

 

ただでさえ仕事が大変なのに、社内で支えてくれるか?
というと、上記で言ったような自分のプライドを傷つけられる行為が行われています。

 

そんな状況が続けば、何だか、外にも内にも味方がいないような気持ちになってしまうのです。

 

私が勤めた事業所は、人づてに聞くほど酷いところではなかったおかげで、何とか努力で乗り切ることができるレベルでした。

 

だから国家資格である「介護福祉士の資格を取ろう!」「取って、色々な人を見返してやる!」
というところもまでモチベーションを持っていくことができました。

 

これから取得を検討されている方にも、介護職員を続けようか?辞めようか?
と迷っている方も多いと思います。

 

経験上、取得すれば、確かに待遇や賃金、自分の周囲の環境が変わっていきます。
なので、合格してみてから次の方向を考えてみるのも良いと思います。

 

おそらく悩んでいる方は、少なくともここまで介護職で頑張ってこられた人だと思いますので、辞めたらモッタイナイと思います。

 

ぜひ取得に向けて動き始めましょう!

 

専門学校卒の介護福祉士を見返してやる!

 

 

 

メールでのお問い合わせはこちらから!

当サイトの管理人へ、ご意見や連絡することがある場合は以下のメールフォームをご利用ください。
【メールフォーム】
基本的には数日以内に返信させて頂きます。