私が働きながら介護福祉士の取得を目指した理由

介護福祉士を持っていないというだけで、、、
勤続年数がいくら長くても、専門学校を卒業した新人より待遇が悪く、立場も下で指示をされる

 

仕事の幅も制限され、正職員になることが出来ないなど、「私のほうが・・・」と思うこともあり、何度も悔しい思いをしました。

 

その分、絶対に合格しようと思う意気込みが強くなりました!
介護福祉士になって、全てを見返してやろう!
と思ったのです。

 

その悔しい思いをバネにして、3年ちょっとの実務経験で介護福祉士に合格することができました!
このサイトでは、合格するまでにした勉強法やノウハウを紹介しています。

 

私も利用して合格した、、、

 

ユーキャンやニチイなど介護福祉士の必勝講座はこちら!
介護福祉士講座に資料請求

 

 

在職中に介護福祉士を取得する意味

介護福祉士を受験する多くの方が、現役で働いている方だと思います。
私も、そうでした。

 

特別養護老人ホーム(特養)で介護員をしながら、受験勉強で介護制度や歴史のことなどを頭に叩き込んでいくのは本当に大変でした。

 

私の先輩の中には、介護福祉士の受験勉強のために仕事を辞めた人もいました。
ですが、経歴やキャリアと言われるものを、受験の為に中断させるのはモッタイナイないと思います。

 

なぜなら、介護福祉士に合格した後に、職場での待遇や地位、存在感は進歩するはずですので、同じ職場で働きながらの方がメリットが大きいからです。

 

受験をされる方は、ぜひ仕事を続けてながら勉強をして欲しいと思うのです。

 

頑張りを認めて、応援してくれる人は必ずいます

私の場合、職場の力になってくれそうな先輩の殆どが、私と同じように実務経験の後に介護福祉士を取得された方々でした。

 

なので、諸先輩たちに「今年受けます」と宣言すると、何の裏もなく応援をしてくれました。
これが専門学校卒の先輩ばかりだったら、何の反応もないか、嫌な性格の人は邪魔してきたかもしれません。

 

勉強を進めていく上でわからないことがあれば、先輩たちに積極的に聞きました。
特に、学科に合格した直後には実技指導も依頼し、接遇などの基本的なことから、技術的なことまで細かく教えていただきました。

 

実技は資料だけでは、なかなか理解できないことも、先輩が手取り足取り教えてくださったおかげで合格できたと思っています。

 

なので、もし近くに頼れそうな先輩がいたら、恥ずかしがらず、失敗した時のことを考えずに、受験を宣言してみた方が良いと思います。

 

日々の努力を認めてくれる、先輩、同僚、利用者様、家族などは必ずいるはずです。
そして、期待をしてくれているはずなのです。

 

その時は気付きませんでしたが、職場で合格を報告したときに心から喜んでくれる仲間がいました。

 

介護福祉士という資格を得るだけではなく、仲間への信頼や職場での自分の存在を確認することができ、とても意味のあるものになりました。

 

現役の介護福祉士が作ったサイト

介護福祉士とケアマネの資格を持ち、そして社会福祉士の受験準備中の現役介護士が、介護資格一覧として種類をわかりやすくまとめました。

  • 何を取得したら良いのかわからない?
  • 実務経験3年、もしくは5年を積んでいる間に色々なことにチャレンジしたい

という方は、ぜひ参考にしてみてください!